前回の記事で紹介したレザーバッグ退化版をより紙袋っぽくするために、エスキスバのロゴをペイントしてみました。

一般的に紙袋にはブランドロゴやショップロゴが入っているものなので、ロゴを入れることでよりそれっぽくなるかも。


ペイントの手順としては特に変わったことはせず非常にシンプルです。


まずはロゴのアウトラインをレザーバッグに下書きします。





あとはこの下書きに合わせてペイントしていくだけ。



ペイントする塗料はピンストライプ塗料の定番「1 SHOT」を使います。





1 SHOTはサインや看板を製作する際によく使われるエナメル塗料で、カラーバリエーションも豊富。

MADE IN USAというところも魅力です。

缶のカラーリングも秀逸で、飾っておくだけでも絵になるデザインが気に入っています。



そしてこの1 SHOTの塗料を使い、筆で少しずつ塗っていきます。





希釈剤を入れて好みの濃さになるよう調節も可能ですが、今回は薄めずそのまま使いました。

筆は100円均一で買った安いものですが、筆先をカットして自分が使い易いようにカスタムしています。



一度塗りだけでは塗料のノリが不十分ということもあり、時間をおいて二度塗りしました。


約2時間の作業を行い、ペイント終了。






うん、やっぱロゴが入るとコマーシャルっぽくなり、より紙袋っぽさが増したような気がします。


このレザーバッグ、これから普段使いしてみて、その使い勝手をテストしてみたいと思います。
Leather Factory Shop ESQUISSEBA
http://esquisseba.com
コメント
コメントする